間質性肺炎の完治率とは?糖鎖栄養素やサプリを使った治療法は有効か

間質性肺炎、それはある原因によって肺の働きが悪くなる病気。

ご自身またはご家族がこの病気を診断され、困っているという方も多いでしょう。

そんなアナタへ、その完治率や今話題の糖鎖栄養素の効果、間質性肺炎に対する働きを紹介したいと思います。

間質性肺炎の完治率

間質性肺炎の完治率。

正直なところ、これはあまり高いものではありません。

特に特発性と呼ばれるものは、予後が悪く、その後肺がん等に推移してしまうことが多いようです。

後述で詳細は記載することにしますが、間質性肺炎とはなんらかの原因により肺の一部が肥大化(繊維化)してしまい、呼吸器機能が十分働かなくなる病気です。

一度繊維化してしまった部分は、基本的にはもう戻らないと言われています。

しかしながら繊維化を抑えることは出来ますので、間質性肺炎と診断され、すぐに希望を失うのは良くありません。

以下で、”症状が緩和される”と今話題の糖鎖栄養素療法について、言及していきたいと思います。

糖鎖栄養素とは

「糖」といっても、いわゆる甘い砂糖のことではありません。

ここでいう糖鎖とは、主に単糖と呼ばれる以下の8種類の物質のことを指します。

  • グルコース(Glc)
  • ガラクトース(Gal)
  • マンノース(Man)
  • フコース(Fuc)
  • キシロース(Xy)
  • N-アセチルグルコサミン(GlcNAc)
  • N-アセチルガラクトサミン(GalNAc)
  • N-アセチルノイラミン酸(NANA)

このうち、上から2つ(GlcとGal)は比較的食事の中から摂取しやすい単糖となります。

逆に言えば、それ以外はなかなか摂取が難しいものとなります。

糖鎖栄養素の働き

糖鎖とは、体にある細胞一つ一つにアンテナのように張り巡らされている情報伝達・収集経路です。

1つの細胞当たり500から1万個ほどの糖鎖が出ているといわれています。

ヒトの体の中には、細胞が約37兆個も存在するといわれています。

それだけ糖鎖もたくさん存在することになります。

さて、この糖鎖、情報伝達・収集経路と書きましたが、具体的にはどのようなことをしているのでしょうか?

免疫作用

糖鎖は細胞から出ているアンテナであり、伝令係であります。

例えば、ウィルスという敵が侵入してきた場合、免疫細胞であるマクロファージ、NK細胞、場合によってはキラーT細胞という戦士たちがこの敵を倒しに向かいます。

そこで、伝令係である糖鎖は大事な働きをします。

それは、

  • 「敵の侵入を察知」
  • 「戦士たちに敵を倒すことを指令」
  • 「敵がいなくなったことを戦士たちに報告」

つまり、この糖鎖が上手に働かなければ、戦士たちがその働きをすることができなくなります

よって、免疫作用に不具合が生じてしまうことになります。

間質性肺炎に効く理由

間質性肺炎は、大きく分けて2つに分類されます。

  1. 原因が明らかなもの
  2. 原因が不明なもの

このうち、原因が明らかなものの中にも、その原因に応じて以下のような呼ばれ方があります。

  • 塵肺性(肺に塵が侵入して炎症)
  • 過敏性(カビや菌、胞子、鳥類の排泄物などによるアレルギー)
  • 薬剤性(服用した薬剤が原因で炎症)
  • 膠原病(リウマチやSLEなど自己免疫疾患に伴うもの)

これらが原因で、肺の中にあるガス交換システム(肺胞)を構成する壁が肥大化し、厚く硬くなってしまいます。

これによって、息苦しさや咳という症状が現れることになります。

 

基本的には、この間質性肺炎の治療としては、原因を取り除くことがその第一歩になります。

そのうえで、通常は免疫抑制剤やステロイドなどを用いて、過剰に発生している免疫反応を落ち着かせてあげる、ということを行います。

糖鎖と免疫疾患

ここでもう一度糖鎖の役割を思い出してみましょう。

  • 「敵の侵入を察知」
  • 「戦士たちに敵を倒すことを指令」
  • 「敵がいなくなったことを戦士たちに報告」

間質性肺炎は何らかの原因によって肺が免疫反応を起こし、それが過剰に働くことで肺胞が肥大化するというもの。

つまり、この免疫反応を正常化してあげることで、症状を抑えることができると考えられます。

  • 敵が侵入してきたら迅速に退治する
  • 敵がいなくなったらちゃんと戦いを止める

こういったことを、糖鎖が指令をだすことで、正常化されていくことになります。

おすすめ糖鎖栄養素サプリ3選

最後に、おすすめ糖鎖栄養素サプリをご紹介します。

例のごとく、ネットで紹介されているものを広く調査し、紹介回数や口コミなどから、独自のランキング形式で発表します。

No.1

 

No.2

 

No.3

 

まとめ

この記事では、間質性肺炎の完治及び糖鎖の役割や間質性肺炎に対する効果について解説いたしました。

間質性肺炎の症状は本人も周囲の方もとても辛いもの。

適切な管理を行い、少しでも健全な生活を長く続けられるようにしたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2 Comments

DRNO

試す価値のあるサプリです。
最近の研究では、現代人は殆どビタミンD(VD)欠乏症であることが分かりました。VDの欠乏が単に成長の問題だけではなく、あらゆる病気に関係している事が分かったのです。特に悪性腫瘍(癌)や脳神経疾患、不眠症や自閉症やアルツハイマー病、喘息等呼吸器疾患等の殆どの病気に関係していることが分かったのです。飲んでいない人は、出来たらタウリンと併用して飲みましょう。適正平均投与量は、タウリン180㎎x3(~4)/日とビタミンD400単位x3(~4)/日です。これは大人も赤ん坊も同じです。http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama ご参考まで。   DRNO
どの程度の効果が有るかはわかりませんが、特に脳神経・眼,皮膚疾患含めてあらゆる病気に、絶対に試してみる価値のあるサプリです。脳や体に巣くっているウイルスやアスベストや重金属等を全て排除する作用があるのです。喘息でも完治の可能性があります。何しろ健康と思っている人にも効果が期待されているのです。病気ならなおさら必須栄養素はより必要でしょう。貴方自身で試すのが医学の発展にもぜひ必要なのです。安心して行えます。何故ならタウリンもビタミンDも人類の必須栄養素であり、殆どの人は不足しているのですから。簡単で安価で安全なサプリです。是非自分で試しましょう。治らないときは是非タウリンとビタミンDをお忘れなく。魚油=EPA/DHAを追加すればさらに良いでしょう。

返信する
ミヤビソウゴ

>DRNO様
詳しい追加説明ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です