子供が誤嚥性肺炎に!?症状や治療方法は?入院は必要なの?

誤嚥性肺炎。

それは主に高齢者がなる肺炎という認識が一般的です。

そんな病気に子供がなったかもしれない!?

今回はそんな誤嚥性肺炎について、症状や治療方法、入院の必要性についてまとめてみました。

誤嚥性肺炎とは

まずは誤嚥性肺炎の概要についてみていきたいと思います。

特徴

肺炎は日本人の死因第4位に入る病気です。

高齢者で肺炎でなくなる方の約7割はこの誤嚥性肺炎が原因という情報もあります。

特に感染リスクが高いのは寝たきり等の高齢者となります。

症状

症状としては通常の肺炎と同じく、咳や発熱、痰などが見られますが、特別高い発熱があったり、常に咳をし続けるなどといった症状はあまり見られないことが多いようです。

そのため、重症化するまで放置されるケースが多く、最悪の場合死にいたるということもあります。

原因

肺炎ということもあり、菌が何らかのきっかけで肺に感染し、炎症を起こすのが原因となります。

特に誤嚥性肺炎で特徴的なのは、そのきっかけです。

唾液や食べ物が、本来入るべき食道ではなく、気管の方に誤って入ってしまう。

その際に菌が一緒に気管に入ってしまい肺に感染するというのがきっかけになります。

また、嘔吐などの場合に胃酸や嘔吐物が誤った気道に入ることでも、同様に感染する可能性があります。

この”きっかけ”。

特にリスクの高いのが、一般的に高齢者と言われています。

高齢者、特に寝たきりや脳の萎縮が見られるような方の場合、嚥下(物を飲み込む動作)機能が低下しています。

また、比較的口腔内の清潔状態が正しく保たれないというケースも多いようです。

こういったことから、

  • 菌自体が口腔内に多く存在しやすい
  • 食道ではなく気管の方に唾液や食べ物が入ってしまいやすい

ということに繋がり感染リスクが高いということにつながります。

今回のテーマである子供の場合ですが、逆にまだ上手に嚥下が出来ないということが要因のひとつに考えられます。

それ以外にも、食事中に遊んでしまって、ちゃんと飲み込めない、といったこともリスクとなってきます。

治療方法

治療方法としては、肺に感染した菌を殺すという目的で抗生物質が使用されます。

また、炎症がひどい場合は、炎症を抑えるためにステロイドの服用等もされるそうです。

抗生物質を服用することで、通常炎症は1週間程で回復するそうです。

入院は必要?

さて、ここで入院の必要性について考えていきたいと思います。

結論から言うと、必ずしも入院が必要というわけではないようです。

抗生物質を服用することで、通常であれば1週間で回復する病気。

そのため、特に強い症状が出ている等の場合を除き、入院が必要とはなりません。

但し、特に高齢者に対しての話になりますが、入院することで口腔ケアや嚥下指導を受けることが出来ます。

これによりその後の再発を予防できるという点では、大変なメリットもあります。

予防方法について

子供の誤嚥性肺炎に対する予防策について考えて見ましょう。

子供が誤って気管に物や唾液等を入れてしまう原因としては、上手に飲み込むことが出来ないため。

これに関しては、月齢を重ねて出来るようになるまでは、優しく見守ってあげるしかありません。

それ以外として、

  • 遊びながら食事をする
  • 歩きながら食事をする
  • おしゃべりをしながら食事をする

こういったことを出来る限りさせないことで、誤嚥を減らすことが出来ます。

それ以外にも、プリンやゼリーなど柔らかいものは、実は飲み込むのが難しいようです。

ある程度形のしっかりしたものを良く噛んで飲み込む、というのが大切になります。

また、歯磨きをしっかりしてあげて、口腔内を清潔に保ってあげるようにしましょう。

これにより、そもそも口腔内の菌の量を減らすことが出来ますので、リスクを減らすことが出来ます。

まとめ

今回は誤嚥性肺炎に関するさまざまな情報を集めてみました。

基本的には高齢者に誤嚥性肺炎。

しかしながら、子供にも感染することはあります。

その場合は、入院が必ず必要というわけではないようでした。

子供のためにしっかりとケアをしてあげて、感染や重症化を防いであげましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です