ドローインは腰痛改善に効果がある?間違った方法は悪化させる恐れもあるので注意!

ドローインダイエットというものをご存知でしょうか。

なんでも、腰痛に効くのだとか。

どうして腰痛に良いのでしょうか、また、その効果はいかほどなのでしょうかね。

今回は、ドローインダイエットの効果と、正しい方法をご紹介します。

腰痛に悩まないライフの参考になること間違いなし☆彡

流行りのドローインは腰痛を改善させる効果があるのか?

流行りのドローインとは、お腹周りをすっきりさせる体幹トレーニングのようです。

とてもシンプルな方法なので、運動が面倒だし、間違った方法で体を壊すことが怖いわ、なんて方には、ピッタリ♪

そして、ドローインを行うと、ダイエットだけでなく、姿勢も良くなり美しいボディラインを手に入れられるとか。

つまり、腰痛を感じる、ゆがんだ腰回りを整えて、改善できる方法でもあるのです!!

なぜ、ドローインで腰痛が改善するのかと言うと…

ドローイン=体幹トレーニングの一種です。

体幹を鍛える=内臓周りにある内なる筋肉を鍛えるということ。

この、内臓周りの筋肉を満遍なく鍛えることができると、正しい姿勢を保つ筋肉を鍛えるということになるのです。

これらの筋肉の衰えは、ポッコリお腹の元凶でもあり、腰痛の元凶でもあるのですね。

そして、普通の筋トレではなかなか鍛えられない部位でもあります。

ドローインはそうした鍛えづらい体幹の筋肉に効果があるので、腰痛改善に効果があると言われているのですね。

 

正しいやり方は腹横筋を意識する!

適当にやってはドローインの効果は得られません。

それどころか、腰痛を悪化させることにもつながります。

そこで、正しいやり方や意識する筋肉について勉強しましょう。

ドローインとは、お腹の横の筋肉=『腹横筋』や、お腹を斜めに走る筋肉=『腹斜筋』を中心に鍛えていく方法です。

特に、『腹横筋』は、お腹の一番奥にある筋肉であり、他の体幹の筋肉を効率よく動かすための大事な筋肉になります。

そのような『腹横筋』をはじめとする体幹の筋肉に、“呼吸”の動きを使って働きかけるのが、ドローインなのです。

そうしたら腹筋でも鍛えられるのでは?と思うでしょうが、腹筋では浅い筋肉しか鍛えることができないそうです。

浅い筋肉のみ鍛えても、お腹はへこまないし、姿勢を正すこともできません。

『腹横筋』を鍛えることが最大のポイントなのです♪

やり方次第で腰痛の予防にも悪化にもつながる!

ドローインにはメリットがたくさんあります。

  • 座っていても寝ていても、どこでもできる
  • 運動神経は必要としないので、誰でもできる
  • 時間もお金もかからない

ふとした時に“呼吸”でトレーニングできるので、日々の生活に取り入れやすいと思います。

しかし、間違えて行っては腰痛の悪化につながるので、正しいやり方をご紹介しましょう。

ドローインには4つのやり方があって、①仰向けに寝る、②立つ、③座る、④四つん這いになるとあります。

次のことに気を付ければ、どの方法でも効果に差はありません。

  • 肩に力を入れない
  • 腰が反らないようにする
  • 前かがみにならない
  • 呼吸を止めない
  • 食事の直後は行わない

これらをしないよう意識したところで、動画をみて早速ドローインしてみましょう♪

ぽっこりお腹を解消するならドローイン !

鍛えたい体幹の筋肉の説明もしてくれているので、わかりやすい内容になっています。

ドローイング(お腹をしめるコツ) くびれを作る腹筋の紹介

立った姿でのドローイン方法から、ドローインを利用した腹筋の鍛え方までレクチャーしてくれています。

初心者は寝た状態の方がドローインの効果を得られやすいようですね。

おわりに

ドローインダイエットで姿勢をよくして腰痛を改善するという方法は魅力的ですね。

なにより、つらい筋トレではなく、呼吸や内なる筋肉を意識すればいいだけなので、お手軽感がうれしいです。

腰痛に悩む方や、ポッコリお腹が気になる方に、今回の紹介が役立ちますように☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です