二日酔い時の迎え酒は本当に効果的なの?頭痛や吐き気を治すたった一つの正しい方法!!

二日酔いには迎え酒がよい…本当ですかね。

アルコール分解の進みが悪くて低血糖になっているから二日酔いで具合が悪くなるのに、そこに追い打ちをかけるようにアルコール摂取とは…

というより、そこまでアルコールに浸かっている時間が長いと、依存症になりませんか?という疑問。

今回は、二日酔いの迎え酒がどのような作用を示すのか明らかにしていくとともに、正しい対策をご紹介したいと思います。

二日酔い時の迎え酒が良いとされる真相とメカニズム

なぜ、迎え酒がよいと言われてるのか、二日酔いの原因からその理由を説明しましょう。

二日酔いの原因は、お酒にごく微量に含まれるメタノールが分解されて発生するホルムアルデヒドなどだそう。

このメタノールの分解を阻止すれば、二日酔いにはならない。

結論、『アルコールを飲めばその分解は阻止できる=迎え酒で二日酔いが治る』というもののようです。

なるほど。摂取したアルコールを二日酔いの原因物質に変えさせないために、アルコールを飲むのですね…

いや、そしたら、永遠にアルコールを飲み続けなければいけなくなりません?

それって二日酔い状態からの脱却ではなく、ただ正面から向き合わずに逃げているだけですよね。

つまりは、アルコール依存症

結果的に、二日酔いを先延ばしにしているだけなので、迎え酒は解決策ではないのです。

二日酔いの頭痛を治す方法はこれだ!

二日酔いの症状の内、頭痛に関してご説明します。

なぜ、頭痛が起こるのかと言うと、体内に入ったアルコールがアセトアルデヒドに変化するからだそうです。

このアセトアルデヒド、全身にまわって神経細胞に影響を与えて、頭痛やだるさを生み出します。

そのため、頭痛の解消法としては、体内のアセトアルデヒドを薄める目的で、スポーツ飲料を飲んで、体の外に排出するしかありません。

注意点としては一度に大量に飲まないこと。

大量に飲むと今度は吐き気を催しますので、ご注意を。

二日酔いの吐き気を治す方法はこれだ!

それでは、吐き気はどういったことが原因なのでしょうか。

それは、脱水や低血糖もありますが、逆流性食道炎になっている可能性があります。

通常、胃と食道は逆流防止のために縮まっていますが、アルコールにより緩みます。

そうなると、胃液が逆流してきて食道を刺激し、吐き気やむかつきを感じさせるのです。

そのため、吐き気が辛い場合には、お医者さんからの処方でお薬をもらうのが手っ取り早いです。

なんとかお粥や刺激の少ない物は食べられるなら、その食事をしばらく続けましょう。

もし、水分も取れないほどの吐き気の場合には、すぐに病院へ行き、点滴治療をうけましょう。

その吐き気が逆流性食道炎ではなく低血糖や脱水のひどい状態である、急性アルコール中毒症の場合があります。

おわりに

迎え酒は、アルコール依存症への第一歩、ということがわかりましたね。

酷く飲んだ後にくる二日酔いは予防していても避けづらい物と考えた方がよさそうです。

二日酔いになったら、観念して、胃に優しい物を食べ、スポーツ飲料をひたすら飲み、アセトアルデヒドを体内からおさらばさせましょう。

急性アルコール中毒にも、アルコール依存症にもならないためには、飲むもの、食べるものに注意することが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です