唇マッサージでモテリップに!スクラブやプランパーなどを紹介!

女子力上げる大事な部分、唇。

プルンとしたピンク色の唇は、男性から見ても女性から見てもかわいく魅力的に思えるはず。

また最近は、唇を気にしている男性も増えているようで、乾燥・ガサガサなどを防止するためにリップクリームを常用する男性もたくさんいます。

今回は、”唇マッサージ”に焦点を絞り、プルンとしたモテリップ獲得のための参考情報をまとめさせていただきます。

マッサージの効果

唇を正しくマッサージすることで、以下のような効果が得られます。

  • 血流が促進され、血行が良くなる。
    その為唇の色味が赤みがかり、健康的なピンク色になる。
  • マッサージの際に使用するクリーム、ワセリンなどの効果により唇が保湿される。
    プルンとしたみずみずしい唇になる。
  • 上記2つの効果により、顔全体が華やかになり、表情が若返る。

ただし、方法によっては唇を傷つけることにより、皮がむけてしまったり、乾燥しやすくなってしまう、ガサガサする、など逆の効果も場合によっては起こってしまいます。

是非、以下の内容を参考に正しいマッサージを行ってください。

マッサージの方法

くるくるマッサージ

一番オーソドックスなマッサージ方法です。

まず唇にワセリンまたはリップクリームを多めに塗りましょう。

そして唇の中央から外側に向けて、上下ともにやさしくなぞってあげます。

そのあと、指でくるくると、同じく外側へ向けて上下やさしくマッサージをしてあげます。

ポイントは、以下の2つ。

  • やさしくなぞること。
    強くマッサージしてしまうと、その刺激で唇が傷つき皮がむけてしまう原因となります。
  • 唇と一緒にその周囲の筋肉(口輪筋)もマッサージしてあげます。
    これにより、唇の血行を良くする効果が、さらに高まります。

各マッサージを10回程度行ってください。

毎日行っても良いですが、あまり頻繁に行うことで、強い刺激となり唇のダメージに繋がる恐れもありますので、まずは週に2~3回というのを目途に開始していただくのが良いかと思います。

ぽんぽんマッサージ

唇をぽんぽんと指の腹で叩くマッサージです。

唇全体及び口輪筋を意識して叩きましょう。

こちらも同じく、まずはワセリンやリップクリームを多めに塗った状態で、マッサージを行います。

あまり強く叩いていしまうとダメージに繋がりますので、優しく優しく行ってください。

20秒~30秒、週に2~3回行うようにしてください。

唇パック

上記2つのマッサージはどちらかのというと唇の血行を良くするという目的のものでした。

保水を重点的に行いたいのであれば、この唇パックをお勧めします。

方法は簡単。

  • 蒸しタオルで唇を30秒ほど良く温めます。
    ※蒸しタオルは、濡らしたタオルを500Wレンジで1分間チンしてあげれば完成です。
  • その後、ワセリンやリップクリームを唇に塗ります。
    リップクリームの場合は普段使うより多めに塗りましょう。
  • 最後にサランラップを唇にかぶせ、3分間待ちましょう。

これで唇がたっぷり保湿されたはずです。

1週間に1回、時間があるときにこれを行うことで、かなりの保湿効果を得ることが出来ます。

スクラブやプランパーの紹介

リップケア商品として、今回は”スクラブ”と”プランパー”をご紹介します。

スクラブ

唇はターンオーバーが3日~7日とかなり早いものです。

「唇の怪我はすぐ治る」ということを聞いたことがある方も多いと思いますが、これはつまりターンオーバーが早く、すぐに新しい唇に入れ替わるから。

スクラブは、唇の角質層を取り除き、ターンオーバーをする際にむらなく全体を入れ替えさせることが出来ます。

 

 

リッププランパー

リッププランパーはあまり聞き覚えがないかもしれませんが、要は唇専用の美容液です。

リップ(唇)+プランパー(ふっくらさせる)という意味になります。

美容液成分が入っておりますので、唇の血行を良くし、保湿することで、ぷっくり唇ができます。

血行が良くなることで、唇本来のピンク色が現れ、自然で健康的な発色になります。

 

 

まとめ

今回はリップマッサージということで、唇を健康的な状態に保つ方法を紹介しました。

唇をマッサージすることで、血行が高まり、また併用するワセリンやリップクリームの効果で保湿もされてプルンという唇になります。

更に、スクラブやリッププランパーを使用することで、魅力的な唇が出来上がります。

ぜひ皆さんも、試してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です