デキストリンは危険!? 副作用でガンやアレルギーも!?真相を調査!

とても過ごしやすい季節になってきましたね~!!

ということは、夏は目前!!夏は海!!プール!!っとなれば、当然水着を着るし…

自然とお腹周りも気になっちゃいますね…!(笑)

女性にしつこく付きまとってくる“ダイエット”という言葉…。

はぁ…溜息でちゃいますね…。

そういえば最近、巷で“デキストリンダイエット”という言葉を耳にするようになりました。

デキストリンって…一体何でしょうね?

人気の情報にうとい私は、もう頭の中がハテナで一杯です。(笑)

さぁて今回は!!そんな私と同じ、デキストリンダイエットについて詳しくない方も!これからやってみたいなと考えている方も!!

これを見れば大丈夫☆

デキストリンダイエットについて調査!解説させて頂きますよー!!

危険性や注意点などについても調査しましたので、是非ご覧ください~!!

そもそもデキストリンとは??

そもそもデキストリンって何なのでしょうね!?(ヒント:上の画像…)

私「なんかデキストリン聞き覚えあるな~」と思ったら、以前見た食品裏の成分表に書いてあった事を思い出しました。

その製品は、おせんべいだったのですが…。

デキストリンを調べてみると、どうやら、トウモロコシや小麦などの食物から取り出したデンプンから生成された水溶性の食物繊維の一種だそうですね。

 

食品添加物かと勘違いしていましたが“デンプン=食べ物にもともと含まれている成分”ですので、そんなに気にしなくても大丈夫です☆

 

そして、主にダイエットに使用されるのは“難消化性デキストリン”と呼ぶそうです。

 

デキストリンには2種類あり、

  • 難消化性デキストリン(体内で消化されにくいもの)
  • 糖質のデキストリン(消化しやすい物)

この2つに分けられます。

 

どちらも食品のデンプンに含まれるものですが、難消化性デキストリンの方は、消費者庁が認める、特定保健用食品(つまりトクホ)に多く含まれています。

トクホのCMで『脂肪の吸収を抑える!』ってフレーズ、よく聞きますよね!

 

ちなみにトクホの製品は、医薬品とは異なり、治療に直接つながる製品ではないものの、摂取すると特定の成分が症状の改善につながる!と科学的に証明されたものです☆

安全性や効果の有効性についてはきちんと審査され、消費者庁の許可も得ており、国によって証明されている商品という事が言えます!

あの“人が爽快に万歳~!”したマークが、安心の目印☆なんですね!(笑)

これで、デキストリンは全く怪しいものではない!という事が分かりました!

ちなみにデキストリン(糖質の方)は、ダイエット効果はありませんので、ご注意くださいね!

飲み方や効果

糖質の方との間違いを防ぐため、ここからは“難消化性デキストリン”と書かせて頂きますが、正体が分かったところで、どのようにして摂取しましょうか?

 

一番手っ取り早くできそうなのは『トクホ飲料を飲んでみる!』ですね!

 

トクホ飲料で、ダイエットに関係のある有名なフレーズ・効果と言えば『脂肪の吸収を抑える』『内臓脂肪を低減させる』『整腸作用がある』、この3つが代表的なのではないでしょうか!?

国によって安全な事や効果が確認されているトクホ商品なので、試してみる価値は大いにありそうですね!!

 

その他、難消化性デキストリンの嬉しい効果として♪

『便秘の改善』『ミネラルの吸収を促すアレルギーの改善や予防』などが挙げられます!!

 

難消化性デキストリンは、腸内に長くとどまって腸内環境を整える作用があり、ビフィズス菌などの善玉菌を増殖させる働きもあるそうですよ☆

 

手っ取り早いトクホ商品ですが、「お値段しちゃうな~。続けるにはコスパ悪いし…」と思う方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方には、溶かす前の状態の粉末状の難消化性デキストリンが販売されていますので、そちらがお勧めです!

インターネットで調べてみても、たくさん発見できました☆

 

 

難消化性デキストリンは、特に味があるわけではないようなので、コーヒーや紅茶などの飲み物に混ぜたり、料理に混ぜたりして、思っていたより手軽に摂取できますね!

 

実際に試した人の口コミを見ると、

『便通が良くなって、お腹周りがスッキリ!実際に痩せた!』

『お通じの改善に効果あり!腸の動きが明らかに違います♪』

『溶けやすく、お料理の味の邪魔をしないので使いやすい!』

などのコメントが見られましたよ~☆

 

便秘に苦しんでいる女性って意外と多いので、そんな方には本当におすすめですね☆

 

またここは声を大にして言わせて頂きますが、

個人差はありますが、摂取量は1日に5~10gを取るのがベストだと言われています!大さじ2杯程度が10gですので、それ以上になってしまうと過剰摂取になりますよ!!

 

過剰摂取は、リスクを伴う事につながります!!

 

効果が出たからと言って、欲を出しすぎてはいけない!という事ですね!

副作用や危険性について

過剰に摂りすぎてしまった場合、どういったリスクがあるのでしょうか?

 

本来ならば、腸に善玉菌を増やし、お通じを整えてくれる難消化性デキストリンですが、摂りすぎると刺激が強く、下痢になってしまう事があります。

また、女子は特に避けたいところですが、オナラも増えてしまうようですよ!

善玉菌と共に、悪玉菌まで増やしてしまった結果、こんな最悪のパターンになってしまうみたいですね…。

 

また、難消化性デキストリンがもつ食物繊維が原因で、胃に負担をかけ胃痛を訴える人。血糖値の上昇を抑えるという効き目が強すぎて、低血糖を引き起こす人も少なくないそうです。

 

そして、皆さん!ここも忘れてはいけません。

生産地の問題も考えておいてください!!

近頃はアメリカ産の遺伝子組み換えとうもろこしを大量に生産して、そこから難消化性デキストリンを製造しているという危険もあります!!

 

遺伝子組み換え食品は、アトピーやアレルギーなどの皮膚疾患を引き起こしたり、ぜんそくや腸疾患、自閉症やガン、白血病などの大病の原因になります!!

 

ちょっと並べただけでも恐ろしいですね…

 

購入の際は、

  • 遺伝子組み換えでないもの
  • なるべく国産の製品

を選ぶようにしましょう☆

 

そして摂取の用法や容量を守るというポイントの他に、摂取を控えるべき人がいる事も忘れてはいけないポイントですね!!

 

血糖値を下げる薬を服用している人や、コレステロールを調整する薬を服用している人は、何らかの影響が出てしまう可能性もあるため、医師に相談が必要です!

 

また、妊娠中の人も医師に応相談です!赤ちゃんへ影響が出ないかも心配ですし、大変デリケートな時期ですからね。

 

難消化性デキストリンには、小麦由来の物とトウモロコシ由来の物が製造されていますので、食物アレルギーの人も注意が必要ですよ!!

まとめ

難消化性デキストリンダイエットの効果や、危険性について調査していきましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?

 

難消化性デキストリンは決して怪しいものではなく、摂取の用法や容量をきちんと守れば、ダイエットには効果的な食品だという事が分かりましたね!

また、遺伝子組み換えでない食品を使っているかどうかも大事なポイントでした☆

 

難消化性デキストリンダイエットに興味を持った方は、上記の事に気を付けて、ぜひトライしてみてください!!

 

そして夏までに、美しい体をゲットしちゃいましょう~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です