疲労時に甘いものが止められない!?原理と危険性、代替法を紹介!

疲れた時に甘いものが欲しくなる。

誰もが感じたことがある欲求ですよね。

これ、なぜだかご存知でしょうか?

またそれによるリスクはどうなのでしょうか?

今回は、これらを正しく理解して、代替方法により健康的に過ごすための情報を提供いたします。

疲労に伴う各種症状についてはこちらの記事をご参照ください。

疲れるとなぜ甘いものが欲しくなるのか?

疲労を感じた時、なぜ甘いものが欲しくなるのでしょうか?

これにはエンドルフィンとセロトニンという2つの物質が大きく関係してきます。

エンドルフィン

この物質は強い鎮静効果と多幸感をもたらしてくれるものです。

脳内麻薬と言われたりもします。

体内でこの分泌が多くなると、幸せを感じます。

逆に言うと、疲労を感じた時に、身体が自然とエンドルフィンを欲するわけですね。

このエンドルフィン、実は以外と簡単に分泌させることが出来るそうです。

甘いものや脂っこいものを食べる、など。

その他にも「幸せな状態をイメージする」だけでも分泌されるそうです。

こういったことから、”疲れたら甘いものが食べたくなる”という衝動が、自然と現れることになります。

セロトニン

“幸せホルモン”と呼ばれることもあるセロトニン。

これは体内でトリプトファンから合成されます。

セロトニンが合成されるためにはトリプトファンが脳内などにあるトリプトファン水酸化酵素と反応する必要があります。

つまり、トリプトファンを摂取するだけでなく、脳まで届かせないといけません。

トリプトファンを脳に運ぶ働きがあるのが”ブドウ糖”。

ご存知の通り砂糖が分解された物質です。

疲れやストレスなどにより、無意識のうちにセロトニンを欲した場合、トリプトファンを脳に運ぶという欲求が自然と高まり、結果ブドウ糖(砂糖)の摂取を欲する状態となります。

甘いものを食べることのリスク

エンドルフィンやセロトニンを分泌させるのに必要な糖分(甘いもの)。

しかしながら、過剰な摂取を行うと、身体へ不調をきたします。

血糖値急変動

甘いもの、つまり糖分を摂取すると、血糖値が上がります。

血糖値のバランスを調節するために、インスリンの分泌が高まることになります。

そうすると今度はインスリンの効果により、血糖値が急激に下がります。

こういった血糖値の急激な変動により、身体はストレスを感じることになります。

その結果、自律神経に乱れをきたし、更なる糖分を欲することになります。

という、悪循環が生まれてしまうことになります。

肝臓へのダメージ

糖分も過剰な状態になると、アルコールなどと同じく肝臓にダメージを与えてしまいます。

その結果、インスリン抵抗性が生じたり、脂肪肝になりやすくなります。

代謝系の異常

体内で分泌されるようなインスリン(血糖値を下げるホルモン)や、レプチン(満腹ホルモン)などの量や感度が正常には足らなくなります。

その結果、暴飲暴食に繋がってしまい、糖尿病や高血圧、高脂血症などのリスクが高まってきます。

食べたいときの代替方法

疲れて甘いものを食べたいといった場合、どうしたら良いのでしょうか?

他の方法でセロトニン量を増やす

まず、甘いものを多量に食べる以外の方法でセロトニンの分泌量を増やすことが、1つの解決策となります。

セロトニンを増やすということで有名な話は、ずばり「太陽光を浴びる」というものです。

朝起きて太陽光をしっかり浴びることで、幸福感を感じることがあるかと思います。

太陽光を浴びて、セロトニン分泌量が高まっている証拠です。

また、それ以外に単純でリズミカルな運動を行うことも、おすすめです。

ウォーキングやジョギング、縄跳び、自転車などのことから、例えばガムを噛むという行為も1種のリズミカルの単純作業と言えます。

ウォーキング、ジョギングに関する参考情報はこちら。

ウォーキング10キロにおける消費カロリーは?食べ物で換算すると?

代替品を摂取して砂糖を減らす

どうしても甘いものを食べたいけどセーブしなきゃ!という方にお勧めなのが酸っぱいものを食べるということです。

酸っぱいものは糖分欲求を防止することで知られているため、糖分を我慢し酸っぱいものを摂取することで、上記の不調は大きく改善されるはずです。

またそれ以外にも水を飲むことや、シナモンを摂取するなども良いそう。

それでもどうしても甘いものが食べたくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?

それは自然の甘味を感じられる、以下のような食材を摂取することをお勧めします。

これらは、比較的甘さ控え目で、代替の”甘いもの”としては十分優れています。

甘いものをセーブしている期間中、ケーキなどの甘いものを食べたくなってしまったら、これらのものを手にもっていただけるとわかります。

まとめ

さて、今回は疲れた時に甘いものが食べたくなる。

その原理とリスク、および代替法について説明させていただきました。

「甘いものが食べたい」という衝動はほどほどにしてあげて、今回紹介したその他の方法について、積極的に取り組んで頂きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です