一人暮らしでペットを飼う驚きの効果とは?意外な事実とオススメ5選

一人暮らしだと、家で過ごす時間は話相手もいなくて寂しいですよね。

自分の世界ばかりに閉じこもってしまうので、気持ちも段々と落ち込んでしまいます。

また自分の気持ち1つで過ごし方を決められるので、思いっきりだらけてしまう。

そんなこんなでどんどんだらしなくなってしまう、という負の連鎖が起きてしまいます。

一人暮らしの方がペットを飼うと、どんな効果があるのでしょうか?

お世話をしなければいけないという都合上、気持ち的に落ち込むことは少なくなります。

そればかりかなんと身体的な変化もあるようなんです!

今回はペットがもたらすそんな驚きの効果を紹介したいと思います。

 

一人暮らしでペットを飼う効果とは?

一人暮らしで犬を飼う効果について、ある研究結果が発表されました。

Dog ownership and the risk of cardiovascular disease and death – a nationwide cohort study

(2017.11.17 scientific report)

この研究では、犬を飼っている一人暮らしの方は、飼っていない一人暮らしの方と比べ、33%も死亡率が下がり、心血管系疾患のリスクが36%も低減する可能性があるということを伝えています。

その理由

犬を飼っている一人暮らしの方は、「散歩をする」という行為から、身体活動レベルが、そうでない方々と比べ高いようです。

犬には日課として散歩をさせてあげないといけませんよね。

ただ勝手に「行ってきて~」というわけにはいきません。

そう、飼い主がきちんと連れて行ってあげる必要があります。

犬の散歩って、人間にとっても結構良い運動なんですよね。

その結果、活動量が増えるわけです。

家族で住んでいる、カップルで住んでいる、等のシチュエーションの場合も、散歩が要らないというわけではないのでこの効果は認められます。

ただし一人暮らしの場合、代わりに散歩に行ってくれる人がいない、自分が行くしかないという状況ですので、最も効果があるようです。

オススメのペット5選

今回ここで紹介するワンちゃん達は、一人暮らしを行う方に焦点を絞って、「買いやすい」を基準としたものとなっています。

5位柴犬(豆柴)

豆柴の良さは何といってもそのコンパクトな体です。

また飼い主に対して従順な性格であり、物静かでどこまでの飼い主についていく、といった感のある犬種になります。

4位ポメラニアン

ポメラニアンは頭が良く、躾がしやすいことで有名です。

また自立心が高いため、飼い主がいない場合でも一人で遊んでくれます。

忙しい飼い主さんにはお勧めです。

3位ちわわ

特徴は何といってもその愛くるしい姿ではないでしょうか。

また小型のわりに、活動的で、家の中で独りでに走り回ってくれるので、お散歩の時間も短く済みます

2位シーズー

こちらも頭が良く躾がしやすい犬種となります。

また無駄吠えや噛み癖等もなく穏やかな犬種となります。

毛が長くブラッシング・トリミングが頻繁に必要なのがタマニキズ。

1位トイプードル

頭が良く躾がしやすい、飼い主に対して従順、社交性が高く猫などとも共存することが可能。

一番のおすすめ犬種はトイプードルとなりました。

更にこの犬種は巻き毛で毛が抜けにくいため、そちらで不安のある方でもお付き合いいただける犬となります。

注意点、障害

上記で上げたワンちゃんたちは、1人暮らしでも、散歩が少ない、躾がしやすいなど買いやすい犬種となっています。

しかしながら、ワンちゃんと一緒に暮らすためには良いことばかりではありませんので注意が必要です。

寂しがり屋

ワンちゃんは基本的に寂しがり屋です。

連夜残業で遅くなる、出張等で不在が多くなるというのは、確実にワンちゃんを寂しくさせます。

「ごはんや水を上げたから死にはしないだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくのパートナーですので、愛情をたっぷり注いであげる必要があります。

散歩が必要

どんなに小さな犬で、部屋の中を飛び歩いていたとしても、どうしてもワンちゃんには散歩の時間が必要となってきます。

しっかりと時間を作ってあげ、最低20分は散歩に出かけるようにしましょう。

出費が多い

ワンちゃんを飼うことは意外と出費がかかります。

ご飯代から、旅行(出張)時のホテル、躾を外注する場合など、出費のタイミングは多いです。

予め覚悟しておく必要があります。

ペット可物件に限定される

マンションなどを借りるときに、ペット可の物件という絞り込みが必要になり、一気に候補が少なくなってしまいます。

毛が抜ける

犬種によっては、毛の生え変わる時期にたくさんの毛が抜け、衣類などの付着や、場合によってはアレルギーなどの原因ともなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

犬を飼うことで、身体的な活動レベルが上がり、それにより心血管系疾患のリスクが低減されるということが、研究で分かったという事でした。

また冒頭にも書いた通り、心にも働きかけてくれて気分が大きく変わるという要素もあります。

一人暮らしで寂しいとお悩みのアナタ。

是非是非この記事を参考に、ペットを飼うことを検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です