テロメアを伸ばす瞑想のやり方!老化防止で若返り、その方法とは?

老化や寿命に大きく関係するといわれているテロメア。

このテロメアを意図的に健全な状態にし、健やかな人生を送りたいと思う方は多いはず。

今回は、そんなアナタへ、テロメアを健全にする一つ方法として、瞑想についてご紹介します。

初心者にも簡単な瞑想方法

瞑想にはたくさんの種類があります。

マインドフルネス瞑想、超越瞑想、ヴィパッサナー瞑想、サマタ瞑想、慈悲の瞑想、誘導瞑想・・・

これらの中で筆者のおすすめの方法は、サマタ瞑想と誘導瞑想のハイブリッドです。

実は筆者も半年ほど前から週に何度か瞑想をやるようになりました。

初めは全く集中できず効果も得られませんでしたが、この方法で初心者でも簡単に瞑想状態に入れるようになり、続けられるようになりました。

サマタ瞑想とは

瞑想を行う際は、心を空っぽにする、、、と言いますが、なかなか難しいものです。

空っぽにするための方法は、瞑想の種類によってさまざまですが、その中でもサマタ瞑想は何か別の”意味のないこと”に集中することで、間接的に頭の中を空っぽにする方法です。

この”意味のないこと”についてですが、マントラという意味をなさない言葉を利用したり、数を数えるなどでもOKです。

【具体的なやり方】

  • 静かな薄暗い場所で座禅を組みます。座禅が難しい場合は半跏趺坐という、半分足を崩した状態でもOKです。
  • 背筋を伸ばし、顎を引き、目を閉じて、息を整えます。ちょうど頭を上からつられている感覚です。
  • 息が整ったら、マントラを唱え始めます。
    ex.「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ・・・」「ソー・ハム、ソー・ハム・・・」「イチ、ニ、サン、シ・・・」
  • マントラを唱えている間にも頭の中に別のことが浮かんできます。仕事の悩みや今日何食べようかなとか。
    その時、恐らくマントラを唱えるのが一時的に止まってしまっているはずです。
    それに気づいたら、再度マントラを唱え始めます。
  • これを5~10分続けていると、どこかのタイミングで、数秒~数十秒ですが、心が空っぽになる瞬間があるはずです。
  • 瞑想時間が終わったらゆっくりと目を開け、終了します。
    初めは5分くらいから始めてみると良いです。
    段々気持ちよさが分かってきたら、10分、15分と自ずと伸びていくと思います。

誘導瞑想とは

誘導瞑想とは、瞑想状態に入るために何かしらの外部からの刺激を助けとする方法です。

瞑想中頭の中を空っぽにするために、音や視覚からの刺激を助けとします。

筆者は具体的に、Youtube等でヒーリング音楽、メディテーション用音楽といわれるものを流します。

それに加えて、真っ暗な部屋でアロマキャンドルを炊きます。
目は閉じるのですが、真っ暗な部屋でアロマキャンドルを炊くことで、マブタ越しに移る炎の明かりを感じます。

↓ 筆者も愛用のアロマキャンドル

 

筆者は、先ほど申し上げた通り、マントラと音楽とアロマキャンドルをすべて使って、瞑想を行っています。

効果のほどは?

本当に瞑想が老化防止に効果あるの?と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

ここで、有名な研究論文誌であるネイチャーで発表された研究を紹介したいと思います。

Meditation and vacation effects have an impact on disease-associated molecular phenotypes

この研究では、普段瞑想を行っていない、30歳~60歳の健康女性をリゾート地に集めます。

半数の被験者には指導の下、瞑想を行ってもらいました。

もう半数の被験者には、単にリゾート地でのんびりしてもらいました。

数日後、この2グループの血液検査やホルモンバランスなどを比較しています。

その結果、瞑想を行ったグループには、ストレス耐性や免疫力の上昇などが有意に表れたとのことです。

更にここで発現したストレス体制や免疫力は、その後10か月後の検査でも持続していることが確認されました。

この研究結果から、瞑想は明らかに心身への影響があると考えられます。

老化防止に効く原理

老化には、テロメアが大きく関係しています。

このテロメアは、遺伝子染色体の先端にくっついているもので、細胞分裂を行うにつれ、どんどんと擦り減っていくものとなっています。

その為加齢に伴いテロメアの長さがどんどんと短くなってしまいます。

この現象が、老化現象と関連すると考えられています。

また、ストレスもこのテロメアが短くなる現象を加速する要因として考えられています。

瞑想を行うことで、このストレス耐性が発現し、老化防止に効くというわけです。

更に、瞑想によりテロメラーゼという酵素も体内で産生されます。

このテロメラーゼ、テロメアの修復や延長に効果があり、更に細胞分裂による擦り減りを穏やかにしてくれるという効果もあるそうです。

こういった意味でも、瞑想が老化防止に大きく寄与することが分かります。

まとめ

今回は、老化現象に関連するテロメアと瞑想の関係について説明しました。

この記事で紹介した瞑想方法は、初心者向けであり、実際筆者も行っている方法ですので本当におすすめです。

是非是非参考にしていただき、健やかな生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です