夏バテで下痢が続くときの治す方法を紹介! 食欲不振にも良い食事メニューも併せて!

暑いと感じる日が多くなってきましたね。

すでに気温変化で体調を崩しがちですが、本格的な夏の暑さが到来すると、夏バテになる方も多いと思います。

気づかないうちに熱中症になっているという場合も。

夏バテでは、体がだるいこと以外にも、食欲がなくなったり、下痢になってしまう胃腸症状に悩むことがありますよね。

そこで、今回は夏バテ下痢対策のご紹介です。

下痢の原因から改善方法、胃腸が弱まっているときに取った方がよい食材や具体的なレシピをまとめてみました。

夏バテの原因とは?

真夏になると、エアコンが効いている涼しい屋内施設の利用が多くなりますよね。

そうした涼しいところと、暑い屋外の行き来で、大きな温度差をくり返していると、自律神経の働きが乱れてきます。

自律神経による体温調節機能が低下すると、体温のコントロールがむずかしくなります。

結果、吐き気や下痢、頭痛、めまいといった夏バテの症状が起こるのです。

下痢に悩む方、クーラーの設定温度、どうでしょうか?

23度以下の極端な涼しさの中にいませんか?

そうした涼しさは「冷え」を招き、下痢の原因になるのです。

また、冷たいものを食べすぎたり、飲みすぎても胃腸機能の低下を招くので、体の「冷え」が夏バテによる下痢において重要なポイントとなります。

そして、このような下痢を含めた夏バテのような症状は甘く見てはいけません。

立派な熱中症の中等度であったり、細菌・ウイルス感染の可能性があります。

自力で水分が摂取できない日が2日以上続いたり、発熱を伴うなら、病院へ行くことをオススメします。

夏バテによる下痢では水のような便が長く続くことはないので、病院へ相談する一つの指標としてもよいでしょう。

下痢の改善策とは?

夏バテで下痢に悩んでいるという方、まずは生活習慣を改善しましょう。

「冷え」がポイントですので、体を冷やさない工夫は最優先事項で、以下の2つが大切です。

  • 冷たい飲み物や刺激的な飲み物は止め、常温の飲み物に変える
  • エアコンの設定温度を23度以上にする

そして、下痢になっている体に優しい以下の3つの行いも大切です。

  • 自律神経を改善する運動をおこなう
  • 汗で失われているミネラルを補給する
  • 腸内環境を整え栄養たっぷりな食事にする

下痢だから食べるとひどくなる…と億劫になるとも思いますが、体の中からの改善が大切ですので、食べられる分、胃腸に優しく効率的に栄養を補給していきましょう。

食欲がわかない…なんてこともあると思いますので、食欲不振にも対応した具体的な食材やレシピをご紹介しますね。

夏バテによる下痢に効いて食べやすい食材とは?

夏バテでまったく食欲がでないという方でも、食べなければ夏バテの悪循環が続くだけです。

そこで、食欲不振のときでも食べやすい食べ物をご紹介します。

食事のポイントは、疲労回復効果のある「クエン酸」「ビタミン」を多く含む食品を選ぶことです。

梅干し

クエン酸を多く含み、食欲増進・疲労回復などの効果があります。

また、一口で食べられたり、梅ジュースにするもよし、そうめんに添えるのもアリで、食欲不振の時に摂りやすい食材ですね。

ニンニク

ニンニクに含まれるアリシンは、エネルギー補給を手助けするビタミンB1の働きをサポートしてくれます。

ビタミンB1を多く含む肉類、穀類、海藻類、豆類などと一緒に摂ると良いですよ。

摂りすぎは胃腸に負担をかけてしまいますが、風味付けでニンニクを使った料理は食欲増進の効果が期待できます。

トマト

体の酸化を抑える抗酸化作用があるリコピンが豊富に含まれています。

紫外線量と暑さによって、ダメージを受けた体をいたわってくれて、さっぱりとした味で食欲がない中でも食べやすいですね。

モロヘイヤ

抵抗力を高め、疲労回復を促すビタミンや、ミネラルが多く含まれています。

また、刻むことで出てくるネバネバ成分のムチンも多く含まれ、タンパク質の消化を促し、消化不良や食欲不振を防いで夏バテ予防に役立つことが期待できます。

豚肉

糖質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1が豊富に含まれた豚肉は、調理もしやすく、優秀な食材と言えます。

フルーツ

これからの季節、安く購入できるフルーツもクエン酸やビタミンが豊富です。

レモンなどの柑橘類や、キウイ・グレープフルーツ・パイナップル・アセロラ・イチゴなど、ゼリーで摂るのもいいですね。

ヨーグルト

乳酸菌を含むヨーグルトには免疫力低下を防ぐ働きがあります。

胃腸の免疫力を回復させ、腸内環境の改善にもなりますので、かなりオススメです。

冷たすぎると下痢なお腹には負担をかけますので、ホットヨーグルトでフルーツと食べるのがオススメです。

カラダに優しい食材を組み合わせた一品を!

ここでは、ここまでご紹介した食材を合わせたレシピをご紹介します。

豚肉×モロヘイヤ×そうめん

茹でた豚肉と細かく刻んだモロヘイヤをそうめんに乗せて、めんつゆをぶっかければ完成!

ビタミン豊富でのど越しさわやか、食べやすい一品となっています。

これに梅干しを飾ってもGood!

ヨーグルト×フルーツ

もはや定番なような気もしますが、夏バテの時、下痢の時には一番かと。

フレッシュなフルーツは勿論、梅干しをヨーグルトにのせるのも、塩気がヨーグルトの酸味と合って、アリなようですよ。

ニンニク×しょうが×豚肉

これでできる料理を当てるクイズのような…わかりますか?餃子ですよ!

優秀食材を使っているので、実は夏バテにはピッタリですが、間違ってもビールやコーラはお供にしないでくださいね。

油で負担をかけそうなので、水餃子スープにしちゃいましょう。

しかし、キャベツなどと一緒にスープにすると食物繊維は消化にエネルギーを要して下痢で悲鳴をあげている胃腸には酷ですので、少量でおさえておきましょう。

おわりに

夏バテの原因や改善策、オススメ食材から一品までご紹介しましたが、いかがでしょうか。

暑いのは辛いですが、寒すぎるのに慣れてしまうと知らず知らずのうちに夏バテによる下痢を引き起こす体にしてしまっている可能性があります。

まずは、冷えからの脱却をしていきましょう!

すでに下痢に悩んでいる方も、冷え対策をして、食材を選んで体の中かもいたわってくださいね。

夏バテや下痢が早く治りますように!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です