話題のバジルシードダイエットは危険?肝臓に良くない?正しい摂り方を解説!

ダイエットに効くものとして考えた時、脂肪を燃焼するものか、お腹の中で膨らんでくれるものかのどちらかを考えるかと思います。

今回ご紹介するダイエットでは、お腹の中で膨らむバジルシードを使っています。

余計に食べるのを防げて、チアシードにも似ているバジルシード。

肝臓によくないという良からぬ噂もありますが、真相はどうなのか、どのようなダイエットなのかを詳しく紹介していきたいと思います。

 そもそもバジルシードとは?

そもそも、バジルシードとは何でしょう?

タイが原産のイタリア料理で馴染み深いバジルの種子なのです。

水を加えると30倍に膨れ、食感はタピオカ、外見はまるでカエルの卵、東南アジアでは冷たいスイーツドリンクに混ぜてデザートで食べられています。

そんなバジルシードにはダイエットに効く以下のものが含まれています。

  • a-リノレン酸
  • 不溶性食物繊維:グルコマンナン(こんにゃくと同じもの)
  • 豊富なミネラル

以上の物を含めて成分別に記すと、炭水化物:71%、タンパク質(植物性):25%、脂質:4%となります。

そして、バジルシード単独でアミノ酸を補給するには足りませんが、補助的な供給源としては有効なようですよ。

バジルシードダイエットとは?

それでは、バジルシードの詳しいダイエット効果についておさえていきますね。

まず、驚きなのは、1gあたり1kcalという低カロリーさ。

バジルシードドリンクのカロリーのほとんどは、ジュース成分が原因なので、バジルシードの使い方で摂取カロリーは低くできるのです。

次に、含まれている成分についてです。

a-リノレン酸は、n-3系脂肪酸(オメガ3)の1種で、不飽和脂肪酸で、肥満改善が期待できます。

青魚などに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の原料でもあります。

そして、バジルシードの約50%を占めている不溶性食物繊維のグルコマンナン

これには2つの性質があります。

一つ目は、吸水性が高いこと。

水を多く含んで、食べ物の体積が増えるため、早く満腹感を感じて食べすぎを抑えてくれます。

二つ目は、消化されないため満腹感が持続することです。

ヒトの消化酵素ではグルコマンナンを消化できないため腹持ちが良くなります。

この食物繊維は腸を健康にして乳酸菌などの善玉菌にも良い影響を与えるので腸内環境を整えてくれます。

ミネラルは、ティースプーン1杯だけで、1日に必要なカルシウム、マグネシウム、鉄の2割を摂取できるほど含まれています。

さらに、亜鉛やビタミンも多く含まれているので、痩せ効果のあるホルモンを活性化させてくれるので、ダイエットに大きな効果があるそうです。

このように、バジルシードは、腹持ちがよく、痩せ効果のある成分をたっぷり含んでいるので、ダイエットに高い効果が期待できそうですよね。

 危険性はあるの?肝臓によくないの??

ダイエットの効果を調べていくと、バジルシードダイエットにも危険がひそんでいるという情報もチラホラ見かけます。

ダイエットは健康を害さない程度で取り組めるのが必須ですので、危険なものは避けたいですよね。

そこで、バジルシードダイエットの危険性についてまとめてみました。

まず、第一に大切なのは、一度に大量に食べないです。

水を含むと膨らむのは確実ですので、一度に大量に口に入れると窒息の恐れがあります。

少しずつよくかんで食べた方がよいでしょう。

そして、薬といっしょに飲まないことです。

バジルシードに含まれる食物繊維が薬品の有効成分まで吸着してしまうため、薬の効き目を減らしてしまいます。

お薬を飲まれている時には、時間を空けてバジルシードを食べるのがベストです。

と、ここまでは、食べ方を注意すればよいというものですが、バジルシード自体に大きな問題を持つ場合があるのです。

それが、猛毒として有名なカビ毒である【アフラトキシン】を産生するカビが生えていた場合です。

ごく稀にですが、輸入されるバジルシードにカビが発生していることがあるそうです。

アフラトキシンとは、発がん性物質であり、梅雨の時期になるとテレビでも耳にするカビの一種です。

カビの生えたバジルシードを口にすると、血圧が高くなったり黄疸が見られたりなどの症状が出て、肝臓がんに至るというケースもあるというのです。

最近では、輸入品のアフラトキシン検査をしてから販売されるモノが多くなっているので、購入の際の確認で、肝臓を傷める危険を回避できるでしょう。

正しい方法をご紹介♪

さて、正しい方法やおいしくいただける方法をご紹介していきますね。

一番簡単なのは、バジルシードを飲み物に入れたり、食べ物に混ぜたりするだけ。

この時に、容量を多くせずに小さじ1にとどめましょう。

飲み物に混ぜる以外にも、挽き肉の量を減らしてバジルシードを加えたり、クッキーの中にバジルシードを混ぜたりと料理への活用もオススメですよ。

また、カロリーが気になりますが、甘いものにも混ぜて食べたいという時に、インドのスイーツドリンク「ファールーダ」がお勧めです。

【材料】

・バジルシード:小さじ1(5 g)
※バジルシードは先に水に30分漬けて膨らませておく。混ぜるときは水を切っておく。

・牛乳:計量カップ2杯(420 g)

・砂糖:大さじ1(9 g)

・カルダモン:2つまみ

・バニラアイス:1杯(フロート用)

・ローズシロップ:適量

【手順】

①バジルシード、牛乳、砂糖、カルダモンを混ぜる

②その上にバニラアイスを浮かべる

③ローズシロップをかけて出来上がり

砂糖のカロリーが気になるのなら、カロリーが半分のはちみつに置き換えればOK♪

ただ、チアシードより香りが気になる場合があるので、大量に入れずに少しずつ量を調整した方がよさそうです。

おすすめのバジルシードと口コミもご紹介♪

オススメのバジルシードを楽天で探してみました!

★『ヘルシーカンパニーのバジルシード』300g 1,080円(税込)

★『スパイス専門店 アメ横 大津屋のスイートバジルシード』100g 421円(税込)

これらは、輸入品ですが、カビ毒であるアフラトキシンの検査済のもので安心してリピートする方もいる商品となっています。

バジルシードダイエットの口コミもざっとご紹介しますね。

『食前に水と一緒にバジルシードを食べるだけで、食べている最中にすぐに満腹感を得られるようになりました。1ヶ月続けたら、体重は57㎏→51㎏に!』

『食事の量も辛い思いをせずに楽に制限できました。1ヶ月で体重は-6キロも落とすことに成功!!』

『市販のバジルシードドリンクは糖分が多いため、摂取カロリーが余分に増えてしまうことが不安だったので、袋詰めのバジルシードを販売しているお店で購入しました。』

『毎朝のヨーグルトに小さじ2杯(10グラムなので、かなり多めです)を混ぜて、1週間食べ続けたところ、他に運動も食事制限もしていないのに、体重が1.5キログラム落ちていました!』

『特に下痢などの副作用もなかったので、これは皆さんにお勧めしたいダイエット方法だと確信しました。』

このように、1か月で結構効果が表れるようですね。

無理な食事制限はなしでも、お腹で膨らむ効果を使って、自然と食事量を減らせるので、ストレスなくダイエット生活できるようです。

しかし、食物繊維たっぷりなので、食べすぎると下痢や便秘になりますので、ご注意ください。

おわりに

バジルシードダイエットの効果や危険性、口コミをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

チアシードと同じ感覚で食べていると、予想以上にお腹で膨らむので、小さじ1でとどめておいた方が後悔しないほど、膨張率は高いのです。

市販のドリンクはカロリーが気になるので、自分でタネを買って、お食事に少量加える方法の方が、効果は早く出そうですね。

腸内環境もよくなるので、ダイエット効果まではいかなくてもお通じをよくしたい方には、とてもオススメですよ。

皆様のバジルシードライフが安全に過ごせるようこの記事が役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です